文字のサイズ

紫光窯ロゴ

薪奏

Acoustic Jazz Live in Fujiwara

薪奏2012フライヤー

クリックで拡大表示します。

11月17日(土)

午後6時スタート・午後5時開場〈雨天決行〉

紫光窯 野外特設ステージ

出演者

T.T.D. Taichi × Tono'oka Duo

piano 杉丸太一 vibes 殿岡ひとみ

チケット

一般 3,000円(当日3,500円)
学生 2,000円(当日券のみ・学生証をご提示ください。)
中・高校生 1,500円(当日券のみ)
小学生 無料(未就学児童の入場はご遠慮ください。)

チケット取扱い

三重県文化会館チケットカウンター
(三重県総合文化センター・津市一身田上津部田1234)
ヤマハミュージック東海 名古屋店
(愛知県名古屋市中区錦1-18-28)

※野外ライブのため、雨、寒さや天候等の悪条件が重なる場合があります。
 また足元の悪い所もございますので各自でご準備ください。
※駐車場や場内での事故・盗難等のトラブルには、一切の責任を負いません。

主催/奏風舎
後援/藤原薬師山 紫光窯・紫の会
協力/イナガキピアノ調律センター

T.T.D. Taichi × Tono'oka Duo プロフィール

杉丸太一

杉丸太一

1977年三重県生まれ。幼少よりピアノを始め、モーツァルトやベートーヴェンなどに親しむ。高校時代にロックバンドでボーカルを担当し、この頃から将来は音楽をやろうと思うようになる。大学時代に友人の演奏するジャズに感銘を受け、ジャズ研に入部。次第にライブハウスなどで演奏活動を始める。jazzを中西隆氏、納谷嘉彦氏に師事。フィンガートレーニングを藤本雅美女史に師事。2005年10月よりnu-jazzバンドnativeに参加(http://www.cnative.com/)。2007年4月にはアルバム「Prussian Blue」が海外リリースされる。2007年秋からは、オリジナルポップジャズユニットp-4k(ピーフォーク)を結成(http://www.p-4k.com/)。1stアルバム「in a special way」は多くのDJより高い評価を得て、インパートメントからこれまでに3枚のアルバムをリリース。

ビブラフォン奏者殿岡ひとみとのデュオT.T.D.では名古屋市千種文化小劇場、愛知芸術文化劇場小ホール、三重県文化会館中ホールでコンサートを行うなど、アコースティックなジャズを追求している。繊細かつダイナミックな演奏を身上とする。現在名古屋在住。

【ブログ】http://ameblo.jp/marutaichi/ 【facebook】http://www.facebook.com/taichi.sugimaru

殿岡ひとみ

殿岡ひとみ

1971年生まれ。幼少の頃よりマリンバと母の影響でピアノを始める。アメリカの高校にてブラスバンドをはじめ、ジャズバンドに傾倒。帰国後、桐朋学園音楽大学にてマリンバを安倍圭子氏に師事。現代音楽を始め、オーケストラ、室内楽など多様なアンサンブルで経験を積む。1997年渡米。ニュージャージー州立ウィリアムパターソン大学ジャズ科(BM Jazz Studies)にてベースのルーファスリード、ピアノのハロルドメイバーン他数多くの講師陣による実践的なアンサンブルパフォーマンスを学ぶ。作曲アレンジをリチャードデローサに師事。自己のバンドで作曲、活動を続ける一方、Fred Ho Quintet、Kevin Norton "Metaphor Quartet"のメンバーとして活動。その後ニューヨーク私立ニュースクール(The New School, Manhattan,NY)にて音楽療法をクリエイティブアーツ学科にて学ぶ。2001年9.11の同時多発テロに現地で遭遇。それを機に帰国。現在名古屋在住。自然との調和、そして命を育むことをモットーに音楽を通して芸術創作を社会に広めてゆくことを考える。

【公式ホームページ】http://www.tonojazz.com

窯炎と薪能
ページの先頭へ